【飲む前に確認!】EGタイトライト(Light)の正しい飲み方・注意点を解説!

EGタイトライトの飲み方・注意点

ここではしっかり効果を得るため、また、医薬品ですので間違った使い方や知識のままですと損をしてしまう可能性があります。そこで、EGタイトライト(Light)の正しい使い方や注意点についてご紹介しますので、参考にしていただけますと幸いです。

 

 

 

EGタイトライト(Light)の飲み方・注意点の4ポイント

EGタイトライト(Light)正しい飲み方

大きく分けで飲み方・注意点が4ポイントありますのでご紹介します。これはEGタイトライト(Light)のパンフレットにも記載されていることで、飲み始める前に目を通すように書かれています。必ず確認しておいてください。

 

 

 

保存状態に気を付けて飲むこと

EGタイトライト(Light)の保存方法

開封後は1ヶ月以内に飲む

EGタイトライト(Light)に使われている生薬(防風通聖散)は鮮度の高い漢方です。湿気に弱いので新鮮なうち、1ヶ月を目安に飲み切るようにしてください。1袋15日分ですので大丈夫だとは思いますが、飲む量を少なくしている場合はこの辺のバランスを考えた方が良さそうですね。

 

チャックはしっかり閉めて密閉しておく

錠剤は湿気を吸いやすく湿気やすいのでできるだけ密閉しておくことが重要です。袋にチャックが付いていますのでしっかり毎回締めましょう。

 

日の当たらない涼しい所で保管する

これは当然ですが、日光に当たると光と熱で劣化しやすいです。涼しい所で保管しましょう。

 

 

 

3食の食前・食後にしっかり4錠飲む

EGタイトライト(Light)飲むタイミング

基本的には食前の30分前が良いとEGタイトライト(Light)のパンフレットには書かれていますが、これは最も吸収率が高いからですね。そして飲んだ後に食事で胃酸が出るので胃に負担をかけないとうことも含まれています。万が一飲み忘れた場合は2時間おいてから飲むようにしようと書かれています。

 

ですが、3食前に毎回4錠飲まなくても効果はあります。EGタイトライト(Light)は1/2処方で防風通聖散の効果が最も高いわけでは無いので比較的効果も優しいですが、少し減らして飲んでも良いです。胃腸が弱い方や効きすぎるのが怖い方は少しずつ増やして、あなたに合った飲み方を見つけられても良いと思います。

 

ただ、規定以上に飲むのはあまりおすすめできませんのでやめておきましょう。

 

 

 

 

下痢は副作用ではなく効いてきている証拠でもある

EGタイトライト(Light)下痢

EGタイトライト(Light)を含め防風通聖散では下痢になりやすいんですが、副作用と言えば副作用ではありますが、実は効いてきている証拠でもあります。お腹周りについてしまった余計な内臓脂肪や皮下脂肪をとかしてデトックスとして外に出す際に下痢という形で排出されるからです。利尿作用が良くなっておしっこが近くなるのも同様の仕組みからです。

 

ただ、あまりにもひどい下痢、めまい・吐き気・頭痛を伴うような下痢の場合は副作用と言える範囲ですので、飲む回数や錠数を減らすか、防風通聖散を飲むことをやめておく方が良いでしょう。

 

 

 

 

適度な運動や生活習慣の見直しも必要

生活習慣の見直し

確かにEGタイトライト(Light)は脂肪を落とす効果がありますが、それでも怠惰な生活習慣や食生活では効き目が弱いです。そして根本的なダイエット、太りにくい体にはならず、EGタイトライト(Light)を飲まなくなるとリバウンドしてしまう可能性が高いです。

 

そうならないためにも体質改善の一歩として、改善すべき点はあなたの努力も必要です。そんなにすぐ体質改善はできませんが、防風通聖散の生薬の力で早めに改善されていくでしょう。運動であればウォーキングやストレッチでもいいですし、少し階段を好かってみるなどでも良いでしょう。食生活も栄養バランスを考えて食べてみたり、早寝早起きを習慣づけるなどできるところからでOKです。

 

これを機にトライしてみてください。

 

 

⇒EGタイトライト(Light)のレビューと詳細はこちら